いがらし朝青|もっと。よくなる。千代田。 | 今西 淳子さん
16200
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-16200,ajax_fade,page_not_loaded,,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 

今西 淳子さん

Category
公益社団法人CISV日本協会常務理事/公益財団法人渥美国際交流財団常務理事
About This Project

朝青さんとは、CISVという異文化と平和教育のグローバル団体で活動しています。1950年にアメリカで始まった活動で、現在では70カ国が加盟し、日本からも毎年100名以上派遣し、同数を受け入れています。11歳を対象とした「ビレッジ」では、男児2名女児2名に21歳以上のリーダーがチームを作り、12か国から12チームが集まって4週間一緒に過ごします。朝青さんは、学生の時に派遣チームのリーダーや、日本大会のディレクターをしました。いろいろな国からきた参加者の意見を聴きながら纏めていく朝青スタイルが発揮されました。また、渥美財団は日本の大学院で博士研究を続ける留学生を支援し、知日派若手研究者のネットワークを構築してグローバルな課題に取り組む活動をしていますが、朝青さんには夏に蓼科で開催するワークショップのファシリテーターをお願いしました。日本の東京の中心の千代田区に、多様性を尊重しながら、住んでいる人も、働いている人も、通りすぎる人も、日本人も外国人も、みんなそれぞれの居場所があるインクルーシブな空間ができるといいなと思います。