いがらし朝青|もっと。よくなる。千代田。 | 猪俣 武範さん
16372
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-16372,ajax_fade,page_not_loaded,,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 

猪俣 武範さん

Category
順天堂大学医学部眼科/一般社団法人IoMT学会代表理事
About This Project

いがらし朝青さんとは大学生時代に硬式テニスを通じて知り合いになりました。いがらしさんはその時から持ち前のキャラクターで誰とでも気さくに話していて、友達や仲間に常に囲まれているイメージでした。

 

いがらしさんは高校時代の輝かしいサッカーの業績を捨て、大学からテニスに挑戦されました。初心者から始めたテニスも最後には大学の選抜メンバーにも選出される腕前になってしまいました。才能があるからでしょ?と考える人もいますが、最近の研究から、物事を達成するためには、生まれ持った才能よりも、情熱と粘り強さによって決まるということが分かってきました。そして、この情熱や粘り強さによってやり抜く力をGRITといいます。

 

このように、いがらしさんは“挑戦する力”と“GRIT”を併せ持つひとです。  いがらしさんが千代田区政をリードすることになれば、持ち前のネットワーキング力とGRITを武器に千代田区を1つにして、 公約通り千代田区を「もっと、よくしてくれる」に違いありません。

 

 

猪俣武範, MD, PhD, MBA

順天堂大学医学部眼科/一般社団法人IoMT学会代表理事

ハーバード×MBA×医師 目標を次々と達成する人の最強の勉強法 著者