いがらし朝青|もっと。よくなる。千代田。 | 永井 遼太郎さん
16336
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-16336,ajax_fade,page_not_loaded,,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 

永井 遼太郎さん

Category
東京大学教養学部文科Ⅰ類1年生
About This Project

僕が五十嵐朝青さんと知り合ったのは、ある東大OBの政治家の方の紹介でした。正直お会いする前はとても緊張していました。しかし、いざお話しさせていただくと、とてもフレンドリーで、学生の僕を見下すような感じも全くなく、素晴らしい人柄の持ち主だと感じました。五十嵐さんは、それまで政治家と聞いて思い浮かイメージとは全く異なり、その親近感はスポーツチームの先輩後輩という感じです。「このような方がリーダーになったら一体どんなことを起こせるのだろうか?」「五十嵐さんのようなタイプの人こそ、これからの時代の新しい政治家のあり方ではないか。」その期待から、五十嵐さんを応援しています。僕は現在19歳ですが、周囲の同世代を見渡してみると、東大といえど決して政治に関心を持っている人は多くありません。せっかく18歳選挙権が解禁されたのに、若い世代の意見を反映させるためには若い人自身が政治に参加する必要があるのに、とてももったいないことです。五十嵐さんなら、政治に関心がなかった層を自然に惹きつけるような、そんな敷居の低い政治を実現してくれると信じています。