いがらし朝青|もっと。よくなる。千代田。 | 大菅 剛さん
16383
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-16383,ajax_fade,page_not_loaded,,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 

大菅 剛さん

Category
弁護士
About This Project

五十嵐さんとは東京青年会議所で数年間共に活動した仲です。 私から見て、彼の特徴の1つとしてまず挙げたいのは「和して同ぜず」の姿勢です。 つまり、人と争わず仲よくするけれども、自分の意見というものをしっかりもっていて、いたずらに妥協したり調子を合わせたりしない、という姿勢です。 他人の考えに十分に耳を傾けて理解した上で、自分の考えを高めていくという姿勢が彼には染みついているのだと思います。 そういう意味でバランスが良い。 2つ目の特徴は、面倒見の良さ。 彼が周囲から信頼されていることの大きな理由はそこにあるのだと思います。 そんな彼が千代田区のために何ができるのか。 彼の言う「区政の徹底的な見える化」は素晴らしいと思います。 これが実現すれば、「区政が見えない→興味がわかない、選挙離れ→一部の者による政治の悪用」という悪循環がなくなるからです。 これにより、本来、民主主義の予定していた仕組みが実現し、区政の内容は、少なくとも理論上はより区民の納得した結果となります。 これが成功すれば、「五十嵐モデル」「千代田区モデル」として他の地域でも真似をされて、ひいては日本全体の民主主義がよりよく機能する流れまで見えてきます。 そんなことまで期待させる彼を応援しています。