いがらし朝青|もっと。よくなる。千代田。 | 土井 朋子さん
16429
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-16429,ajax_fade,page_not_loaded,,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 

土井 朋子さん

Category
ガラス作家
About This Project

朝青君は、つくばの幼稚園で4歳・ゆり組の同級生。その後、同じ地域で育ちました。今もつくば市の実家は数軒隣のご近所さんです。 少年時代の朝青君は、サッカー上手くてアタマも良くて、そういえば歌も結構上手かった!サッカー仲間の中心にいて、カッコイイ!学年を代表するような男の子でした。いくらか複雑な十代の子供社会の中であっても、不思議とそれに捕らわれず、誰にでも分け隔てなく、目の前の事柄に興味を持って接していたように記憶してます。 大人になり、たまにばったり会う朝青君も、少年時代と変わらぬ眼差しで話しかけてきます。「今、どんなことしているの?」「それはどんなものなの?」と。 そんな朝青君ですから、小さな存在の小さな声であっても、気がつき、興味を持って耳を傾けてくれるでしょう。もっと良くなっていく千代田区。見てみたいです。