いがらし朝青|もっと。よくなる。千代田。 | 五十嵐 滋さん
16345
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-16345,ajax_fade,page_not_loaded,,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 

五十嵐 滋さん

Category
父/筑波大学名誉教授
About This Project

私にとって思い出の名所も沢山ある千代田区です。今から60年ほど前から書店と楽器屋さんと喫茶店、そしてアテネフランセや音楽教室にせっせと通いました。

共立講堂や九段会館でのコンサートも多く、学士会館では結婚式もしました。 学生、助手時代には合唱団の練習の帰りや、昼食にも散歩がてらよく行きました。お店の人たちも学生に優しくて良い街で、日本のカルチェラタンとも呼ばれていました。

朝青は運動能力が高かった他、独特の飄然とした態度の中で、正しく公平に判断して行動し、他人に優しく気配りできる子供でした。その君の魅力を活かして、千代田区の今世紀の街づくりをしてください。