いがらし朝青|もっと。よくなる。千代田。 | 上原慶さん
15851
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-15851,ajax_fade,page_not_loaded,,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 

上原慶さん

About This Project

五十嵐君との出会いは、予備校でのことでした。お互い東大を目指すクラスということで、東大を目指したわけですが、五十嵐くんは3年かかってようやく目標を達成。目標達成にむけた執念はすさまじいものがあったわけです。こちらは、目標のハードルを下げ1年で離脱するわけですが、五十嵐くんの何に対しても明るく前向きに取り組む姿勢と周りに気を使わせないフランクな態度のおかげで、ともすれば暗くなってしまいそうな、東大合格までの3年間の苦節 浪人時代に、大学入学して調子に乗ってた私とも仲良くさせてもらいました。

考えてもみれば不思議な縁だとも思います。予備校のたった1年間、同じ教室で勉強しただけです。

その後20年以上連絡をとりあう仲であり続けたのは、ひとえに五十嵐くんの心の広さのおかげかと思います。テニスという共通の趣味があったことも大きかったと思います。

仕事の都合で、大学卒業後20年ほど愛知にいますが、年に1,2回は会ってテニスをしたり飲んだりしています。テニスを通じ、五十嵐くんがハブとなっていろんな仲間に出会わせてもらいました。

何十年も会ってなかった高校のテニス部の後輩に会ったり、僕が名古屋の仲間を連れて行ったり。

五十嵐くんと出会い、人と人との出会いの大切さを学んだと思っています。自分ひとりでは何も出来ないけれど、みんなの力を合わせれば出来ることがある。生き方を学んだ気がします。そしてあきらめない心や前向きに捉えるポジティブな心を。

今後、政治の世界へ羽ばたこうとしているとのことですが、いままでの政治家のイメージを覆すほど、親しみやすさを出して、市民と距離が近いそんな政治家になってもらいたいです。

持前の明るさとくじけない心でどんな困難も乗り越え、市民の声を吸い上げ、地域社会の活性化実現を期待しています。